相続税があなたの身近なものに?

 

平成27年1月1日より改正相続税法が施行されました。

この改正により、今まで相続税と無縁だった方も、実際に相続税の申告を

しなければいけない可能性がでてきました。

といいますのも、基礎控除額が大幅に引き下げられたからです。

 

【従来】 5,000万+(1,000万×法定相続人の人数)

【改正後】3,000万+(600万×法定相続人の人数)

 

この改正により、申告が必要になる人の割合は今までの4%程度から

6%程度になると思われます。

相続税の申告は、いつやってくるか分からない不確定な要素をはらんでいるため、

先を見越して行動する必要があります。

 

相続税対策として今からできることは何でしょうか。

 

① 総財産の把握

皆様は、ご自分の財産がいくらあるかをご存じでしょうか。

自分の身の回りにある現金・預金・株式等は把握できていると思いますが、

「遠方にもし不動産があったら?」あるいは「会ったことのない親族がいる」など

相続時に分かったのでは遅い事柄というのがあります。

そこで、今から総財産、相続の対象となる法定相続人を把握しておくことが

対策の第一歩となります。

 

② 控除を限界まで活用する

従来、相続税の対策としては生前に贈与を活用して相続財産そのものを減らしたり、

特例を利用して相続財産の評価額を下げたりするのが一般的でしたが、その他にも

生命保険を利用したものがあります。

相続税法では、死亡保険金に対して「非課税限度額」というものを設定しています。

被相続人が保険料を負担した場合、「500万×法定相続人の人数」だけ非課税

となる規定です。

 

【例】相続人が2人の場合

一時払終身保険に1,000万で加入する⇒全額非課税(500万×2人)

*現金で1,000万円を持っていた場合は、その他の資産と合わせて相続税の課税対象

となってしまいます。

 

上記の例のように、簡単に相続税対策をしておくこともできます。

ぜひ、相続税を身近な存在としてとらえ、身の回りの財産を調べてみましょう!