健康保険の被扶養者認定の厳格化!!

10月1日から健康保険の被扶養者認定が厳格化されます。

この実務的な取り扱いが日本年金機構から公開されました。

ポイントは、被扶養者としての認定を受ける家族の続柄(住民票等)、年間収入(課税証明書や仕送りの事実が確認できる通帳の写し等)を確認するため添付書類を具体的に示す一方で、「添付の省略ができる場合」として以下のように示しています。

(1)続柄の確認
次のいずれにも該当するとき
・被保険者と扶養認定を受ける方双方のマイナンバーが届書に記載されていること
・戸籍謄(抄)本または住民票により、扶養認定を受ける方の続柄が届書の記載と相違ないことを確認した旨を、      事業主が届書に記載していること

(2)収入の確認
・扶養認定を受ける方が、所得税法上の控除対象の配偶者または扶養親族であることを確認した旨を、事業主が届書に記載しているとき
・16歳未満のとき

(3)仕送りの事実と仕送額の確認
・16歳未満のとき
・16歳以上の学生のとき

一般的には、健康保険の被扶養者として扱う家族は、所得税法上の控除対象の配偶者または扶養親族であることが多いかと思いますので、マイナンバーを記載し、会社で戸籍謄(抄)本または住民票を確認することで、多くの場合は添付書類を省略できるようになると推測されます。

詳細は、日本年金機構が公開したリーフレットを確認しておきましょう。

参考リンク
日本年金機構「健康保険被扶養者の手続きについて」

なお、この取扱いの変更に伴い、「健康保険 被扶養者(異動)届(国民年金第3号被保険者関係届)」の裏面の記入方法と添付書類の記載内容が変更されているとのことです。