LINE Payで納税が可能に??

LINE Payの登録ユーザー数が3,000万人を突破(2017年5月時点)し、

個人間送金や決済で世の中に浸透しつつあるが、

このたび大阪市が納税手段としてLINE Payを活用できるようにしました。

今年の12月14日から個人の市・府民税、固定資産税、軽自動車税、法人市民税、事業所税などの納付に対応。

また、来年1月からは神奈川県でもLINE Payで自動車税、個人事業税、不動産取得税などの県税の納付に対応す

ると公表されました。請求書に記載されたバーコードをスマホで読み取って支払うLINE Payの「請求書支払い」

の機能を使うことになっている。

LINE Payの電子マネーの残高上限は本人確認無しの場合だと10万円であるが、本人確認を行うと残高上限は

100万円までに上がる。

本人確認の方法はLINE Payを開いて「設定」→「本人確認」をタップすると国内大半の銀行名が掲示され、案内

に従って氏名、住所、口座番号等を入力していけば済みます。

銀行口座の認証情報はLINE Payで保有しないことになっており、銀行で本人確認が済んでいるのだからLINE Pay

でも本人確認済ということにななのかもしれません。

LINE Payで本人確認を行っておくと、チャージ残高上限の拡大だけでなく、「送金」「出金」も行うことが出来

るようになります。

(LINE Payは現状では資金移動業なので、法整備を待って資金移動の上限額を広めるよう政府に要望しているよ

うです。そうなると一定規模の法人利用も望めるかもしれません。)

キャッシュレス化促進の流れが消費税増税を絡めてよく話題になっております。

現状では、都道府県や市町村単位で取り扱いが異っていますが、納税やそのたの支払いも電子マネーに対応していく

流れになりそうです。

ただ、収入源である給与受取は現金が原則という状況ですので、ここが電子マネーによる受取も解禁になれば、

電子マネーキャッシュレス社会の到来がますます加速化していく事になりそうですね。