生命保険会社が破綻した場合はどうなるの?

12月に入り、年末調整の時期となりました。

皆様もご自身が入られている保険などについて、改めて確認されているのではないでしょうか?

そこで皆様が入られている生命保険会社が万が一破綻したら、

加入している保険契約はどうなるのでしょうか?

 

⇒万が一生命保険会社が破綻した場合、

生命保険契約者保護機構により一定の契約者保護が図られます。

そのため生命保険会社の破綻後も、保険契約を継続することは可能です。

 

●生命保険契約者保護機構とは
 生命保険契約者保護機構(以下「保護機構」)は、保険業法に基づいて平成10年12月1日に設立された法人であり、国内で事業を行うすべての生命保険会社が会員として加入しています。保護機構は、破綻した生命保険会社の契約を引き継ぐ救済保険会社、あるいは承継保険会社に対して必要に応じて資金援助を行います。

●破綻後の契約承継
 以下2つのケースがあります

①救済保険会社が現れた場合

救済保険会社による保険契約の移転、合併、株式の取得。

②救済保険会社が現れなかった場合

承継保険会社(生命保険契約者保護機構が設立する子会社)に承継、もしくは生命保険契

約者保護機構自らが引き受ける。

 

保険契約を継続することは可能でも契約内容はどうなるの??


●保険契約への影響

◆責任準備金の削減

生命保険会社の破綻後も、契約を継続することはできますが、責任準備金※の削減が行われ

ることがあります。ただし、その場合、保険業法等に基づき責任準備金の90%までは保険機

構によって補償されます。残りの10%については、更生計画などにより決定されることとな

ります。

※責任準備金

生命保険会社が将来の保険金などの支払いに備え、保険料や運用収益等を財源として積み立

てている準備金

 

◆契約条件の変更

救済保険会社などへの保険契約移転などの際には、責任準備金削減のほかに、予定利率の引

き下げ等の契約条件変更が行われることがあります。責任準備金の削減や予定利率の引き下

げが行われた場合、保険金額が減少することがありますが、保険種類や契約時期により減少

幅は異なります。

 

◆早期解約控除

保険契約を有効に継続させていくために、一定の保険契約数を維持する必要があることか

ら、早期に解約を行った場合は、一定期間、解約返戻金が削減される措置がとられることが

あります。

 

⇒一定の範囲は、保険会社が破綻したとはいえ、制度として守られています。

とはいえ、万が一破綻すると契約内容等は悪くなることも想定されます。

目先の保険料だけではなく、保険会社の財務体質もしっかり考えて加入をした方がよさそうですね。