マイナンバーの利用

 

マイナンバーが導入されると、どのような分野で利用されるのでしょうか。

まず、2016年1月から私たちの生活に直結する社会保障分野、税分野、

災害対策分野にて利用が開始される予定です。具体的には、下記の事項です。


【社会保障分野】

・年金分野:年金の資格取得・確認、給付を受ける際に利用。

・労働分野:雇用保険等の資格取得・確認、給付を受ける際に利用。

ハローワーク等の事務等に利用。

・福祉、医療、その他の分野:医療保険等の保険料徴収等の医療保険者における手続き、

福祉分野の給付、生活保護の実施等低所得者対策の事務等に利用。

 

【税分野】

国民が税務当局に提出する確定申告書、届出書、調書等に記載。当局の内部事務等に利用。

 

【災害対策分野】

被災者生活再建支援金の支給に関する事務等に利用。

 

では、上記の分野にマイナンバーが導入されると私たちにはどんなメリットがあるのでしょう。

メリットとして挙げられるのは、行政手続きなどの簡素化です。マイナンバーの導入前では、

社会保険の手続き等を行う際に必要となる添付書類は、申請者自身がわざわざ市役所に行って

書類を発行してもらうなど準備する必要があり、大きな負担となっていました。

しかし、導入後では、申請を受けた行政機関等が、関係各機関に照会を行うことで情報を取得

することが可能となるため、申請者が窓口で提出する書類が簡素化されることとなります。

 

さらに、時期は、未確定ではありますが、利用範囲を①戸籍事務、②旅券事務、③預貯金付番、

④医療・介護・健康情報の管理・連携等に係る事務、⑤自動車の登録に係る事務に拡大すること

も検討がされています。引っ越しなどライフスタイルの変化があると手続きが大変だった覚えが

あるかと思いますが、利用範囲が拡大されていくと、すべての新しい情報への書き換えの手続き

がマイナンバー一つで、出来てしまう便利な世の中となりそうです。

 

一方デメリットとして、ニュースで取り上げられている個人情報の漏えいの危険性があります。

どのようにしてそのマイナンバーを守っていくのか。

国は予算をつけて実行していくことだと思います。


では、経営者の皆様はどうでしょうか。前回のブログでも少し触れましたが、

今後従業員のマイナンバーを取り扱うことになります。

どうやって守っていくのか、もう考えられているでしょうか。

 

次回以降、会社でのマイナンバーの取り扱いについても触れたいと思います。