セルフメディケーション税制と従来の医療費控除の違い

セルフメディケーション税制について、ご質問が多いため、改めてご説明させていただきたいと思います。

セルフメディケーション税制とは、医療費控除の「特例」として設けられた制度です。

従来の医療費控除との違いのうち大きなものは、その対象と控除額です。詳細は下記解説をご参照ください。


1.従来の医療費控除の概要

いわゆる「医療費控除」とは、その年(1月1日から12月31日までの間)に、自分や家族(自分と生計を一にする配偶者やその他の親族)のために医療費(※1)を支払った場合において、

その支払った医療費が一定額(※2)を超えたとき、その超えた部分の金額をその年の所得から控除(最大200万円)することができるという制度です。

  1. ※1 医療費控除の対象となる医療費は、医師や歯科医師による診療や治療の対価、治療又は療養に必要な医薬品の購入の対価など、病気の治療のために通常必要であると認められる費用が主なものです。このほか、医師等による診療等を受けるために直接必要な通院費や医師等による診療や治療を受けるために直接必要な、補聴器・義歯などの購入費用も含まれます。
  2. ※2 保険金等で補てんされる金額と10万円(その年の総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等5%の金額)の合計額

2.セルフメディケーション税制の概要

セルフメディケーション税制とは、医療費控除の特例として設けられた制度です。

具体他的には、その年(1月1日から12月31日までの間)に、健康維持・疾病予防のための取り組み(インフルエンザワクチンの予防接種を受けることなど)を行う個人が、

自分や家族(自己と生計を一にする配偶者やその他の親族)のために「スイッチOTC医薬品(※3)」を購入した場合において、その購入したスイッチOTC医薬品の金額(※4)が一定額(※5)を超えたとき、

その超えた部分の金額をその年の所得から控除(最大88,000円)することができるという制度です。

  1. ※3 セルフメディケーション税制の対象となるスイッチOTC医薬品とは、薬局などで市販されている薬で、対象商品については購入時の領収書等にセルフメディケーション税制の対象商品である旨が表示されています。
  2. ※4 最大10万円
  3. ※5 12,000円

3.医療費控除とセルフメディケーション税制は「選択適用」

ここまで述べた通り、従来の医療費控除とセルフメディケーション税制とでは、対象となる医療費等の範囲や控除額が異なります。
両方同時に適用したいところですが、従来の医療費控除とセルフメディケーション税制は同時に利用することはできないこととなっています。
このため、従来の医療費控除制度とセルフメディケーション税制のどちらを適用するかは、対象者が自分で選択することになります。