注目の最低賃金 今年は26円~28円の引き上げへ

最低賃金がいよいよ1,000円を超えるのではないか、ということで注目を集めていた最低賃金ですが、

「令和元年度地域別最低賃金額改定の目安」が公表されました。

結論としては引上げ額の全国加重平均は27円となり、4年連続での大幅引き上げとなっています。

都道府県別の目安は以下のとおりです。

Aランク 28円
埼玉、千葉、東京、神奈川、愛知、大阪

Bランク 27円
茨城、栃木、富山、山梨、長野、静岡、三重、滋賀、京都、兵庫、広島

Cランク 26円
北海道、宮城、群馬、新潟、石川、福井、岐阜、奈良、和歌山、岡山、山口、徳島、香川、福岡

Dランク 26円
青森、岩手、秋田、山形、福島、鳥取、島根、愛媛、高知、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

この大幅引き上げにより、今年も多くの最低賃金割れの発生が予想されます。

今後、各都道府県の労働局での審議・決定が行われ、10月より適用となります。

参考リンク
厚生労働省「令和元年度地域別最低賃金額改定の目安について