変わる電子申請~電子証明書なしでも手続きが可能に~

行政に提出する各種申請や届出は、紙で行う方法から徐々にではありますが、

電子申請に切り替わっています。

まだまだ利用率は高くないものの、社会保険の届出も同様であり、

今後はこの利用率が向上するための方法が様々練られてきました。

その一つに、現在、電子申請をするためには必要となる電子証明書ですが、

2020年(令和2年)4月以降は電子証明書がなくても、

無料で取得できるID・パスワードを利用して電子申請ができるようにすることがあります。

これについて今回、日本年金機構からその方法が示されました。

無料で取得できるID・パスワードは、「GビズID」であり、

経済産業省により整備された1つのID・パスワードで複数の行政サービスにアクセスできるという、

事業者向けの認証サービスになります。

このGビズIDから取得できるID・パスワードにより、

社会保険(労働保険を含む)手続きができるようになる仕組みです。

GビズIDは既に提供が開始されており、GビズIDのホームページから、

「GBizIDプライム作成」ボタンを押下して申請書を作成するところから取得手続きが始まります。

既にIDの取得はできますが、GビズIDを利用して電子申請をするときには、

日本年金機構のホームページからダウンロードした届出作成プログラムを利用することになり、

こちらは2021年4月1日に公開予定となっています。

電子証明書を取得し管理することが、

電子申請に切り替えることの一つのハードルになっている企業にとっては、

利便性の高い方法になるのかもしれません。

詳細は参考リンクにあるリーフレットをご確認ください。

参考リンク
日本年金機構「事業主の皆さまへ 日本年金機構からのお知らせ 令和元年10月号」PDF