株式会社で役員変更登記を怠ると、どうなるの?Q&A

[相談Q]

A株式会社を経営しています。役員は私と妻の二人です。

役員に変更もなく、私たちが重任しているので、役員変更登記を数年していません。

特に支障はありません。する必要は、ありますか?

[回答A]

登記懈怠になりますので、役員変更登記をしてください。

このまま放置し続けると最悪「みなし解散」に該当する場合があります。

重任時の役員変更登記の期限は、重任から2週間以内にする必要があります(会社法第915条第1項)。

御社は、重任からすでに数年経過しているとのことなので、過料の対象になる可能性があります。

登記を怠っている状態を登記懈怠(ケタイ)といい、登記懈怠は、100万円以下の過料になります(会社法第976条第1項1号)。

そして、この過料を負担する人は、代表者個人になります。ご注意ください。

「みなし解散」にも注意が必要です。

株式会社は、会社に関する登記(役員変更やそれ以外の登記も含めて)をしてから12年間何も登記をしていないと、休眠会社になります。

休眠会社になると、管轄法務局に一定期間内に、事業を廃止していない旨の届出をしないと、解散したものとみなされます。

これが「みなし解散」です(会社法第472条)。支障がないからといって、役員変更登記を放置することは、過料以外にも会社存亡の危機を招くため、おやめください。