住宅ローンの金利が安い理由?

先日、フラット35を悪用した融資がニュースになりました。

内容としては、住宅購入の際に利用する住宅ローンの一種であるフラット35を、

賃貸経営のアパート購入のためのアパートローンとして利用したというものです。

住宅ローンとアパートローンは目的が違うため、

このようなことは通常はそもそもできることではありませんが、なぜそのようなことが起こったのでしょうか。

それは、フラット35などの住宅ローンには、借入期間が長いだけでなく、

アパートローンと比較して金利が安いという強味があるからです。

そのポイントは「担保」にあります。

通常、融資を利用して不動産を購入する場合には、金融機関は融資をする相手方にどれだけの資力があるか、

何かあった際の担保が確保できるか等を、総合的に審査します。

この資力や担保には、融資を受ける方の収入や資産がありますが、

この資産には不動産ももちろん含まれるため、購入する不動産に担保設定がなされます。

ここまでは住宅ローンもアパートローンも同じですが、

アパートローンでは、借入希望額に購入する不動産の担保評価額が満たないとき、

追加で担保提供を求められることがあります。

しかしながら、住宅ローンの場合は、こうした場合でも追加の担保提供を求められることはほとんどありません。

それは、融資を受ける方の多くが「団体信用生命保険」という保険に加入するからです。

この団体信用生命保険は、融資を受けた方が万が一不測の事態で亡くなったり、

働けなくなったりした際に、残債を保険金で一括返済されるところに特徴のある保険です。

この特徴により、金融機関としては、大きなリスクの軽減になります。

(アパートローンにも団体信用生命保険が付与されている商品はありますが、

総じて付与されていることは少なく、大きな違いになっています。)

この団体信用生命保険によって金融機関のリスクが軽減されていることもあり、

アパートローンよりも住宅ローンの方が金利が低く設定されています。

(安全資産の金利が安いことと同じ考え方です。)

立て続けに不正融資のニュースが報道され、金融機関の投資物件への融資姿勢は非常に厳しくなっています。

しかし、しっかりとした融資審査はあるべき姿だと考えます。

そういった不正融資やそれに類する融資を勧めてくる業者がいれば、

きちんと断るなどして距離を置き、巻き込まれるのを防ぐべきだと考えます。