地震保険の基礎知識/保険金について

今回は、地震保険の保険金について、ご紹介します。

地震保険は、「建物」や「家財」が保険の対象となり、地震や噴火、津波を直接または間接の原因とする、

火災・損壊・埋没・流出によって生じた損害を補償する保険です。

地震保険は、単独では契約ができないため、火災保険にセットして契約する必要があります。

〈地震保険の保険金額〉

地震保険の契約は、建物と家財のそれぞれで契約します。

保険金額は、火災保険の保険金額の30%~50%の範囲内で定めます。

なお、建物は5,000万円(1敷地内・1被保険者につき)、

家財は1,000万円(1敷地内・1世帯につき)が、保険金の限度額になります。

〈地震保険の支払保険金〉

地震保険では、火災保険のように実際の損害額をもとに保険金が支払われるのではなく、

損害の程度を4区分(全損・大半損・小半損・一部損)に分類し、その程度に応じた保険金額が支払われます。

〇全損   :保険金額の100%(時価が限度)
〇大半損:保険金額の60%(時価の60%が限度)
〇小半損:保険金額の30%(時価の30%が限度)
〇一部損:保険金額の5%(時価の5%が限度)

したがって、損害の程度が「一部損」に至らなかった場合は、保険金は支払われません。

※ 「一部損」の基準:
建物「主要構造部の損害額が、建物の時価の3%以上20%未満」
家財「損害額が、家財の時価の10%以上30%未満」
(保険期間が2017年1月1日以降に始まる契約の認定基準)
保険の対象、保険金額について、ご加入の火災保険や地震保険の内容を、改めてご確認ください。