生命保険の保険料払込方法

生命保険の保険料の払込方法は複数あり、契約時に選択します。

今回は保険料の払込回数による違いについて説明します。

<払込回数>

一般的には月払より半年払、半年払より年払の方が、

支払保険料総額は少なくなります。

月払      毎月支払う方法
半年払    半年ごとに支払う方法
年払     1年ごとに支払う方法
一時払    契約時に全保険期間の保険料を1回で支払う方法

<その他の払込方法>

前納  払込時期の到来していない将来の保険料の一部または全部を払い込む方法

将来の保険料の全部を一度に払い込む方法を全期前納といいます。
※一時払と全期前納の違いは次回説明します
<半年払・年払保険料の取り扱い>

平成22年(2010年)4月以降の契約で保険料の払込方法が年払、半年払の場合、保険契約を途中解約したときや、保険料の払込免除が適用されたときには、まだ経過していない月の保険料相当額が返還されます。

 

 払込方法は契約の途中で変更することもできますが、保険会社や保険商品によっては変更できない場合もあるため、個別に保険会社に確認する必要があります。