新型コロナウイルスの影響による、確定申告の申告期限延長

1.所得税の確定申告と、所得税の納付の期限(原則)

 所得税法上、事業所得がある人などは、原則として、

その年分の所得についての確定申告書をその年の翌年2月16日から3月15日(※1)までに

納税地の所轄税務署長に対して提出しなければならないことと定められています。

また、確定申告書を提出した人は、その申告書に記載した所得税を、3月15日(※1)までに

国に納付しなければならないとも定められています。

(※1)3月15日が日曜日、国民の祝日に関する法律に規定する休日その他一般の休日等に当たるときは、

これらの日の翌日が期限とみなされます。

2.新型コロナウイルス流行の影響による、確定申告期限延長

税法上、災害その他やむを得ない理由により、国税に関する法律に基づく申告や納付などを

その期限までに行うことができないと国税庁長官や国税局長、税務署長などが認めるときは、

その理由のやんだ日から2か月以内に限り、その期限を延長することができるものと定められています。

さて、今回のご相談にある通り、昨年末ごろから流行し始めた新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、

国税庁は令和2年2月27日に、

所得税の申告と納付期限(※2)を、それぞれ令和2年(2020年)4月16日(木曜日)まで

延長することを発表しました。

(※2)この延長に伴い、所得税等の「振替納税」の振替日についても、延長することとされています

(延長前の当初の振替納税日は、所得税が令和2年4月21日火曜日、消費税が令和2年4月23日木曜日でした)。
他の税目もあわせた延長された申告・納期限の一覧は、下記のとおりです。
(国税庁 令和2年2月27日公表資料より)