『家賃支援給付金』の最新情報 (6月19日時点)

【最新情報】

①専用サイトがオープンされます。そこで電子申請ができるようになります。
②申請開始は、最速で6月下旬以降の予定
③給付は、7月以降になる予定
④必要情報(現段階での情報)
・確定申告書の写し
・売上減少の証明書類
・店舗等の賃貸借契約書(家賃額・契約期間等)写し
・家賃の支払い実績の確認できる通帳や支払明細書・領収書等の写し
⑤新規創業の事業者
2020年3月までの新規創業の事業者:対象の方向
⑥フリーランス(雑所得・給与所得で確定申告している人)
対象の方向
~出典:中小企業庁ミラサポPlusのHPより~
https://seido-navi.mirasapo-plus.go.jp/supports/488

また、ミラサポのサイトでは、
「新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を活用して、各自治体でも家賃支援を行う場合があります。

各自治体に対して支援策をご確認ください。」

とありました。国から支給される『家賃支援給付金』のほかに、地方公共団体からも支援策が出ることが期待されます。

必要情報を事前にご確認いただき、サイトのオープン・申請受付開始の際には、

スムーズに申請ができるように、準備しておきましょう。