生命保険契約を解約する際の注意点(2)

前回は生命保険契約を解約する際の注意点について概要を説明しました。今回は、生命保険契約を解約する際の注意点のうち、解約返戻金について詳しくご説明します。

◆解約返戻金とは?

生命保険の解約返戻金とは、保険契約を解約した後に、保険会社から契約者に支払われるお金です。解約返戻金の額は、保険種類や経過年数などにより異なります。

<ポイント>

  1. 契約後あまり期間が経過していない契約や、低解約返戻金型や無解約返戻金型の保険、医療保険は解約返戻金がない、もしくはあってもごくわずかな場合があります。
  2. 解約返戻金は、養老保険や終身保険、個人年金保険など貯蓄性が高い商品は、経過年数や加入時期、年齢等によって解約返戻金が払込保険料を上回る場合もありますが、一般的に払い込んだ保険料総額よりも少なくなります。

解約返戻金の金額は以下の資料で確認できます。

  1. 契約前に保険会社または保険代理店から交付されている「設計書」
  2. 契約後に保険会社から送付される「契約内容のお知らせ」
  3. 資料が見つからなかったり見ても分からない場合は、保険会社に問い合わせて確認することができます
    →問い合わせをする際は証券番号を伝えるとスムーズです

解約をすると保障は消滅します。解約を検討する場合は、解約返戻金の有無だけでなく保障の必要性とあわせて総合的に判断しましょう。
また、保険料の払込が困難であれば、次回説明する払済保険や延長保険も検討してみてください。