MENU

第6回 町屋経営塾 TKC経営革新セミナー2009<終了>

第6回 町屋経営塾
TKC経営革新セミナー2009を開催しました。

定員を超える多数のご参加いただき、誠にありがとうございました!

[日程]2009年11月12日(木)18:30~20:30[セミナー内容]1.「変化をチャンスへ!顧客貢献の視点で経営の本質を見直そう」 2.「これからの経営」 リスクマネジメント~自社のリスクを評価する[定員]30名[特典]☆「社長心得帳」をプレゼント☆[会場]積水ハウス㈱ 会議室 京都市中京区烏丸御池下梅屋358 7F 地下鉄東西線・烏丸線 烏丸御池下車すぐ[参加費]無料 但し懇親会に参加の場合、会費3,000円
[日程]2009年11月12日(木)18:30~20:30
[セミナー内容]1.「変化をチャンスへ!顧客貢献の視点で経営の本質を見直そう」
2.「これからの経営」 リスクマネジメント~自社のリスクを評価する
[定員]30名
[特典]☆「社長心得帳」をプレゼント☆
[会場]積水ハウス㈱ 会議室
京都市中京区烏丸御池下梅屋358 7F
地下鉄東西線・烏丸線 烏丸御池下車すぐ
[参加費]無料 但し懇親会に参加の場合、会費3,000円

第5回 町屋経営塾「この経済危機はいつまで続くのか?」<終了>

第5回 町屋経営塾 「この経済危機はいつまで続くのか?」
定員を超える多数のご参加いただき、誠にありがとうございました!

2009年7月23日(木) 18:00~20:30 亀岡事務所(BrainyPlaza)
2009年7月24日(金) 18:00~20:30 京都事務所 にて、第5回町屋経営塾を開催しました。

お忙しい中ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

戦略マネジメントゲーム研修 「利益感度UPセミナー 1日間コース」<終了>

当事務所では関与先様にて経営幹部を対象に「利益感度UPセミナー」を開催致しました!

急速に企業業績が悪化するなか、収益の確保は最重要課題です。
その達成に向け、社員のひとり一人の収益意識を高めることが緊急のテーマではないでしょうか。

2009年5月14日(木)・15日(金)

☆このセミナーでは、企業活動のシミュレーションゲームを使い、体験的に利益の上げ方、収益の構造、コストの構造、財務の仕組みなどが、簡単に習得することができます。
そして、決断力、先見力、チャンス力、バランス力、戦略的思考が身につき、利益を上げる4つの対策を具体的取引で実践するため、将来の経営に不可欠な知識と精神力が養われます。

参加者の声

第4回 町屋経営塾<終了>

第4回 町屋経営塾
商品に、感動を -現代と伝統的な和のホスピタリティが調和した、温かく、優雅で、心地良いホテル運営とは-」

2009年3月25日(水)、ハイアットリージェンシー京都にて第4回町屋経営塾を開催しました!講師は、ハイアットリージェンシー京都の総支配人である横山健一郎氏。 ホスピタリティーのプロとしてサービスの最前線でご活躍されています横山さんがハイアットリージェンシー京都をオープンするまでの経緯や今後、愛され続けていくホテルであるための方向性について貴重な経験知をもとにお話くださいました。

2009年3月25日(水)、ハイアットリージェンシー京都にて第4回町屋経営塾を開催しました!

講師は、ハイアットリージェンシー京都の総支配人である横山健一郎氏。
ホスピタリティーのプロとしてサービスの最前線でご活躍されています横山さんがハイアットリージェンシー京都をオープンするまでの経緯や今後、愛され続けていくホテルであるための方向性について貴重な経験知をもとにお話くださいました。

1/189

ハイアットリージェンシー京都の客室数は、189室。
トータルパッケージとしてチェックインからチェックアウトを行う中で、1/189 すなわちお客様ひとりひとりに焦点をあててお出迎え・おもてなし・お見送りをするよう努めておられるとのことです。

Needsの合致

CS(customers satisfaction)を得るには
期待値のギャップを埋めること。
お客様に興味をもち、お客様とコミュニケーションをとるための時間を増やしオーナーシップを持って見えない要求に応える。
そして、「また来たい」と思ってもらう。
それがブランドになっていくとおっしゃっていました。
横山さんご自身、毎週木曜日には3泊以上お泊まりのお客様をメインにバーへ招待し自らコミュニケーションをとることで、お客様の要望などを聞きだし 改善点があれば即時に直すよう努めていらっしゃるそうです。

CS(customers satisfaction)を得るには
期待値のギャップを埋めること。
お客様に興味をもち、お客様とコミュニケーションをとるための時間を増やしオーナーシップを持って見えない要求に応える。
そして、「また来たい」と思ってもらう。
それがブランドになっていくとおっしゃっていました。

横山さんご自身、毎週木曜日には3泊以上お泊まりのお客様をメインにバーへ招待し自らコミュニケーションをとることで、お客様の要望などを聞きだし 改善点があれば即時に直すよう努めていらっしゃるそうです。

サービスマン=セールスマン

お客様が求めていることを察知して、提供する。
スタッフ全員がセールス&マーケティングをする。
だから、サービスマン=セールスマン。

「知識」をマニュアル化

日本人ならではの、暗黙の了解。
「言わなくても分かるだろう。これぐらいは知っているだろう。」
スタッフ同士でそう思ったり、それに甘んじたりすることは少なくないのではないでしょうか。
でも、それは大きな落とし穴になることがあります。
小さなミスコミュニケーションが、リスクとなり品質低下を招く・・・なんてことにもなりかねませんよね。
自分の常識≠他人の常識ととらえ、みんなが情報を共有する。
自社の知識をきちんとマニュアル化することの重要性を学びました。